エコビトとらいある

KDDIと住友商事は、ライフスタイルに応じて最適な節電のアドバイスを提供する生活支援サービス「エコビト」を事業化するため、7月30日から無償でのトライアルサービス「エコビトとらいある」の提供を開始する。

エコビトは、顧客の家族構成や居住地域、使用家電機器、生活スタイルといったさまざまな情報を組み合わせ、最適な節電行動をアドバイスする生活支援サービス。

無償でサービスを提供するエコビトとらいあるでは、顧客の宅内に、高精度の電力量センサーを取り付け、事前に顧客情報を登録してもらうことで、パソコンやスマートフォンで家庭の使用電力量や太陽光発電量を「見える化」する。

また、電力使用状況や顧客の情報、居住地域の天候情報などをもとに、約5万パターンの膨大なデータの中から、顧客に最適な節電行動をきめ細やかにアドバイスする。SNS連携により、ユーザ間での情報共有も可能。

さらに、子どもの成長に応じた家電の買い換え時期、おすすめの家電タイプ、省エネにつながるさまざまな暮らしのアイデアも紹介する。

エコビトとらいあるは、首都圏エリアで、auスマートフォン利用者を含む計200世帯を対象に約6カ月間実施する。参加者にはauポイントを5000ポイント付与する。

KDDIと住友商事は、トライアルの検証を通じて、本格的なサービスの提供に向け検討する。

住友商事