トヨタ車体 新型コムス≪撮影 小松哲也≫

住友三井オートサービスは、7月27日、28日に東京ビッグサイトで開催される『スマートみらい市2012』に出展する。

みらい市は、「設備の総合展示商談会」を目的とした展示会イベント。今回のイベントキーワードは「環境・省エネ、快適・健康、安心・安全、地域活性化」で、法改正の動向やエコリフォーム、創エネ・蓄エネ、エコカーなどを紹介し、セミナーや施工実演が行われる。

同社は、ホンダ『フィットEV』、トヨタ車体『コムス』などのEV車両を展示するほか、三菱『i-MiEV』と電源供給装置MiEVパワーボックス接続によるデモンストレーション、EV用充電器設備の展示、 衝突防止システム「Mobileye」の紹介などを行う。

MiEVパワーボックスと i-MiEV