豊田章男自工会会長(参考画像)《撮影 郡谷謙二》

日本自動車工業会の豊田章男会長は7月19日の定例記者会見で、エコカー補助金の終了に関連し、自動車諸税の負担軽減により、「普通の方が普通のサイクルで車の買い替えができる環境づくりを、早くお願いしたい」と述べた。

2011年末に復活したエコカー補助金は、8月中にも予算枠が消化される情勢となっている。エコカー補助金について豊田会長は「(需要を喚起する)効果は間違いなくあった」と評価。一方で終了すれば「登録車で1台10万円の補助金がなくなる影響はかなり大きい」と語った。

さらに、消費税の引き上げを中心とする税の抜本改正が進められるなか、車体課税についても「抜本的な見直しに向け、より真剣にタイムリーに取り組んでいただきたい」と、政府に要請した。自工会は車体課税について、消費税と2重課税状態になっている自動車取得税の廃止などを求めている。

豊田章男自工会会長(参考画像)《撮影 郡谷 謙二》