ダイムラーとBYDの新ブランド、デンツァのEVコンセプトカー(北京モーターショー12)

ドイツの自動車大手、ダイムラー傘下のメルセデスベンツと中国の大手電池メーカー、BYD(比亜迪)。「メルセデスベンツがBYD製の電池の採用計画を見直す」との一部報道に、さっそく両社が反応している。

事の発端は7月16日、中国の『網通社』が「ダイムラーがメルセデスベンツのEVに搭載する二次電池の製造元を、BYDから米国テスラモーターズに切り替える」と報じたこと。BYDの電池に発火リスクがあることが、その理由と伝えられた。

この報道を受けて、ダイムラーの中国法人は17日、声明を発表。「BYDがメルセデスベンツの電池サプライヤーであることに変わりはない」と、コメントしている。

またBYDも17日、声明を発表。報道の内容を否定している。

ダイムラーとBYDは2012年4月、北京モーターショー12において、中国専用のEVブランド、「デンツァ」(DENZA)を発表。EVコンセプトカーの『オール エレクトリック ビークル ショーカー』を披露したばかりだ。

ダイムラーとBYDの新ブランド、デンツァのEVコンセプトカー(北京モーターショー12) ダイムラーとBYDの新ブランド、デンツァのEVコンセプトカー(北京モーターショー12)