メルセデスベンツ Bクラス 「Blue EFFICIENCY」《撮影 太宰吉崇》

サンドイッチ構造を止め床がグンと低くなったため、高い所で足を前に投げ出して座らされていたあの理不尽な姿勢から解放されたのは朗報。

膝を折り、地に足が着いたごく普通の姿勢がとれる。ホイールベース80mm、全高65mmの影響はないばかりか、足元は広々とし、ミニバン同等の室内空間が体感できる。

ラゲッジスペースも床面が低く、バックドア開口部(間口)は室内トリム幅より大きいほどだから、重たい(または大きい)荷物の積み下ろしも楽そうだ。後席スライド機構とラゲッジスペース床面高さ調整機構も選べる。

インパネまわりの造りは最新の『Cクラス』などと同等レベルで、シンプルさを基調とする。走りも実用上、十分な実力。アイドルストップも働く1.6リッターターボ+7速デュアルクラッチの絶対的な性能は不満なし。接地感を伝えるサスペンションはあっさりとした乗り味で、なかにはメルセデスベンツらしいコクをもっと味わいたい…と思う人がいるかも。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

メルセデスベンツ Bクラス 「Blue EFFICIENCY」《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ Bクラス 「Blue EFFICIENCY」《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ Bクラス 「Blue EFFICIENCY」《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ Bクラス 「Blue EFFICIENCY」《撮影 太宰吉崇》 メルセデスベンツ Bクラス 「Blue EFFICIENCY」《撮影 太宰吉崇》