Think Blue. World Campionship 2011の様子《撮影 宮崎壮人》

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VGJ)は、今秋米国で開催されるエコドライブチャンピオンシップ世界選手権への参加権を競うイベント「Think Blue.チャレンジ 2012.」を開催する。7月18日より参加者の募集を開始した。

同イベントは、2010年に実施した「エコドライブ・チャンピオンシップ in ジャパン」に次ぐ2回目のエコドライブ国内選手権。前回の国内チャンピオンとなった工藤真輔選手は、2011年9月に独ベルリン〜フランクフルト間で開催された世界選手権に日本代表として出場。日本よりも制限速度の高い一般道を中心に設定されたコースに苦戦しながらも、『ゴルフ ブルーモーション』で平均燃費4.03リットル/100kmの成績を挙げ、6位となった。

イベントへの参加は、VWJのウェブサイトより応募。書類選考により60人(関東、関西各30人)が選ばれ、8月26日に関西地区予選、9月2日に関東地区予選を実施。上位各10人(計20人)がお台場で開催される決勝へと進む。そして優勝者は、11月25日から28日に米カリフォルニアで開催される世界大会へ招待される。

Think Blue. World Campionship 2011の様子 Think Blue. World Championship  2011《撮影 宮崎壮人》 前回大会日本代表の工藤真輔氏《撮影 宮崎壮人》 前回の日本代表、工藤氏は4.03リットル/100kmで6位を受賞した《撮影 宮崎壮人》