オペルの取締役会副会長と暫定CEOに就任するトマス・セドラン氏

GMは7月17日、欧州部門のオペルの取締役会副会長に、トマス・セドラン氏を起用すると発表した。

今回の人事は12日、オペルのCEOで、GMヨーロッパの社長も兼務するカール・ストラッケ氏が辞任したことを受けてのもの。カール・ストラッケ氏の後任には、当面、オペルの会長で、GMヨーロッパの副会長でもあるスティーブ・ガースキー氏が兼務すると公表されていた。

オペルの新しい取締役会副会長に就任するトマス・セドラン氏は、現在47歳。オペルの営業や企業戦略担当の取締役を務めている人物だ。なお同氏が、オペルの新しいCEOが決定するまで、暫定的にCEOに就任する。

オペル会長兼GMヨーロッパの副会長、スティーブ・ガースキー氏は、「当初の事業計画を確実に実行しながら、企業文化を変革し続けなければならない」とコメントしている。