日産セレナS-HYBRID

日産自動車は、8月に予定しているミニバン『セレナ』の一部改良を機に、S-HYBRID(スマートシンプルハイブリッド)と名付けたエンジンアシスト機能を追加し、ホンダ『ステップワゴン』に譲ったミニバン燃費ナンバーワンの座を奪還するという。

セレナの商品企画責任者を務める角智彰氏は「室内の広さ、使い勝手の良さ、そしてクラストップの燃費、この3つがこのセレナが今選ばれている大きな理由」とした上で、「今回のマイナーチェンジでは、このクラストップの燃費をさらに強化したいと考えた」と語る。

今回新たに追加されるS-HYBRIDは「アイドリングストップの頻度をあげるとともにアイドリングストップしている時間を長くすることによって燃費の改善を図る。それと同時に電気に余力があれば発進時にモーターがアシストするシステムになっている」という。

このため「(現行セレナのアイドリングストップシステムで使っている)ECOモーターの容量をアップして回生できる電気の量を増やすとともに、発進時にアシストする補助動力機としても使う。あわせてエンジンルーム内に鉛のサブバッテリーを追加して、回生したエネルギーをたくさん貯められる構成にした」としている。

この結果、「燃費値はJC08モードで15.2km/リットルになる。今ステップワゴンの燃費がミニバンでトップだが、セレナがもう一度奪還する。この15.2km/リットルという燃費値は平成27年度(2015年度)の燃費基準プラス20%を実現しているので、(エコカー減税の対象となり)自動車税、取得税が免税になる。この2リッタークラスの3列ミニバンでの免税は、セレナが唯一のモデルになる」と角氏は強調した。

S-HYBRIDシステム≪撮影 小松哲也≫ S-HYBRIDシステム≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車・角智彰セグメントチーフプロダクトスペシャリスト≪撮影 小松哲也≫ 日産セレナS-HYBRID 日産セレナS-HYBRID