JAFによる車両冠水実験

JAF(日本自動車連盟)は、九州北部豪雨の影響による冠水・水没でのロードサービス救援が、7月11日〜16日の6日間で366件あったと発表した。

県別の内訳は、福岡県が179件、熊本県が133件、佐賀県が28件、大分県が21件、鹿児島県が5件だった。

JAFでは、大雨・集中豪雨の際は運転を控える、地下道やアンダーパスなどは通らないなど、ドライバーに対し注意を呼びかけている。

JAFによる車両冠水実験