ルマン24時間レース2012 優勝報告レセプション《撮影 山本一雄》

アウディは7月17日、ルマン24時間レース2012優勝報告レセプションを都内ホテルで行った。

ルマン24時間耐久レースは、6月16日、17日とフランスのサルト・サーキットで行われた。FIA世界耐久選手権(WEC)の第3戦目にあたり、富士スピードウェイでは10月17日に第7戦が予定されている。

今年の話題は、トヨタ『TS030ハイブリッド』や日産『デルタウイング』、そして、大本命と言われたアウディ『R18 e-tron』らの参戦。特に13年ぶりの参戦となるトヨタとアウディによるハイブリッドマシン対決が注目された。

結果、TS030がデルタウイングにヒットしリタイヤさせてしまうというハプニングが発生し、4台体制で大本命と言われていたアウディがハイブリッド車で1、2フィニッシュを、ディーゼル車が3位を決め表彰台を独占する形となった。

この優勝報告レセプションで、アウディジャパン代表取締役社長の大喜多寛氏よりプレゼンが行われた。大喜多社長は同社創始者のアウグスト・ホルヒ博士の言葉を引用し、「レースは技術の実験場だ」として、優勝車両に導入した技術e-tron quattroを紹介。quattroやTFSI同様にレース技術のフィードバックとして、今秋より導入する新型『A6ハイブリッド』をアピールした。

レセプションには優勝ドライバーのアンドレ ロッテラー選手やライバルであるトヨタのドライバーである中嶋一貴選手が招待されアンドレ選手を祝福。「来年のルマン、今年のWECと、お互いに良いレースをしてシリーズを盛り上げていきたい」と語り、会場を盛り上げた。

左からタグ・ホイヤージャパン ジェネラルマネージャー アントワーヌ パン氏、アンドレ ロッテラー選手、中嶋一貴選手、アウディ ジャパン 代表取締役社長 大喜多寛氏《撮影 山本一雄》 ロッテラー選手の名前とルマン2012の刻印が入った、タグ・ホイヤー モナコ スティーブ・マックイーンモデルを贈呈された《撮影 山本一雄》 中嶋一貴選手《撮影 山本一雄》 チームメイトのロマイン デュマ選手も会場を訪れ祝福した《撮影 山本一雄》 アウディ ジャパン 代表取締役社長 大喜多寛氏《撮影 山本一雄》 会場ではモータージャーナリストの大谷達也氏を招いたトークショーも行われた《撮影 山本一雄》