日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫

日産自動車は7月16日夜、志賀俊之COOをはじめとする経営首脳が出席し、横浜市で報道関係者向けに新型『ノート』の世界初公開イベントを開いた。

この席上、志賀COOは「グローバルで年間35万台を販売する計画であり、(2016年度までの中期計画である)『日産パワー88』の達成に向け、大きな役割を担う」と強調した。日本では年12万台の販売を計画していると表明した。

志賀COOは、日本市場向けの生産について「いま、日産自動車九州で量産体制に入ったところ。日産は国内で年100万台の生産を維持していくが、そのコミットメントの達成を確実にするモデルにもなる」と述べた。

2005年に初代を発売したノートは、これまでの7年でグローバル販売は94万台であり、年平均では約14万台。日本などではノートより上のカテゴリーの『ティーダ』との統合を図ることにしており、グローバル販売では年10万台強の大幅な上乗せをめざす。

日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車副社長のアンディパーマー氏(右)とCOOの志賀俊之氏《撮影 内田俊一》 日産・ノート《撮影 内田俊一》