日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫

日産自動車の片桐隆夫副社長は7月16日、横浜市でワールドプレミアした新型『ノート』について「燃費性能もトップクラス、車の機能もすべての面で造り込んでいるので、十分戦っていける」と、コンパクトカー市場での戦いに自信を示した。

日産が9月に国内発売する新型ノートは、エンジンを現行の1.5リッター4気筒から1.2リッター3気筒にダウンサイジングするとともに、現行『マーチ』に搭載している自然給気のHR12DEと、スーパーチャージャー付き直噴エンジンであるHR12DDRの2種類を設定した。

片桐副社長は「エンジンは2種類あり、量販型(HR12DE)もトップクラスの燃費だが、ダウンサイジングしてスーパーチャージャージャーをつけて、いわゆる第3のエコカーといえるもの(HR12DDR)も今回ラインアップに加えた。エコ性能を追求して、かつそれでもお求めやすいという車を用意した。ラインアップ面と車のできそのものも非常に自信持っているので、頑張れるだろう」と述べた。

ノートの属するコンパクトカー市場は、トヨタ自動車のハイブリッド車『アクア』やホンダ『フィット ハイブリッド』が販売の上位を占めているが、片桐副社長は「お客様に対してハイブリッドというソリューションもあるとは思っているが、我々としては価格帯と燃費性能のバランスも大事と思っている。ハイブリッドになると、どうしても少し価格が上になる。従って価格も大事で、燃費性能との両立を実現した」と強調した。

新型ノートのJC08モード燃費はHR12DDR型が25.2km/リットル、HR12DEは22.6 km/リットルとなっている。日産は新型ノートを日本国内で年間12万台の販売を見込んでいる。

日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車 新型ノート ワールドプレミア≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車・片桐隆夫副社長≪撮影 小松哲也≫