フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 内田俊一》

フェラーリ・ジャパンは、新たなフラッグシップとなる『F12ベルリネッタ』の日本導入を開始した。

「フェラーリは豊かな歴史を持っており、V12エンジンはまさに我々の歴史なのです」と語るのは、フェラーリ・ジャパンプレジデント&CEOのハーバート・アプロス氏。

「初めてフェラーリの名を冠したモデルは『125スポーツ』で、フロントエンジン、V12気筒118馬力でした。その後登場した『166』はル・マンで初めてフェラーリが優勝したモデルで、ミッレミリアでも優勝しました」とその歴史を振り返り、「それ以来多くの美しいフロントV12エンジンのスポーツカー、『250』や『275』、『330』、『375MM』などが登場しました」と話す。その後もV12エンジンを搭載した『575マラネロ』や『599』などといったモデルが今日まで続いている。

「1950年代60年代においては、パワーだけでなくステータス性やグラマラスさでも知られており、多くの有名人がフェラーリV12 エンジンのファンでした。イングリッド・バーグマンやスティーブ・マックイーンなどがその例です」

「そして、初めて搭載したV12エンジンから65年経った今、『F12ベルリネッタ』の導入となりました。我々フェラーリのフラッグシップです』と語った。

フェラーリ・125S《撮影 内田千鶴子》 フェラーリ・166MMバルケッタルーリング(手前)と166MMクーペツーリング(左奥)《撮影 内田千鶴子》 フェラーリ・250GT SWB《撮影 内田俊一》 フェラーリ・275GTB《撮影 内田俊一》 フェラーリ・330GTC《撮影 内田俊一》 フェラーリ・375MM《撮影 内田俊一》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 内田俊一》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 内田俊一》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 内田俊一》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 内田俊一》 フェラーリ・ジャパンプレジデント&CEOのハーバート・アプロス氏《撮影 内田千鶴子》