次期ノートのベースと思われる、日産・インビテーション(ジュネーブモーターショー12)≪撮影 小松哲也≫

日産自動車は9月に発売する新型『ノート』に、新たなPURE DRIVE (エンジン進化型エコカー)技術として「エコスーパーチャージャー(DIG-S)」と名付けたスーパーチャージャー付き3気筒1.2リッター直噴ガソリンエンジン(HR12DDR型)を搭載する。

現行ノートは排気量が1.5リッターのエンジンを搭載しているが、新型ではダウンサイジングされ、新たなPure DriveのHR12DDR型と現行『マーチ』にも採用されている自然吸気3気筒1.2リッターのHR12DE型の2つが設定される。

HR12DDRエンジンの開発主管を務める岸一昭氏は「このエンジンは過給機付きでありながら圧縮比をNA(自然吸気)よりも高めているというのが特徴」と語る。実際、現行ノートに搭載されているHR15DEの圧縮比は10.5、またHR12DEが10.2となっているが、HR12DDRは12.0といずれも上回っている。

「過給に対してノッキングを防ぐために若干圧縮比を下げにいくというのが普通。しかしこのエンジンはピストンにクリーングチャンネルを入れたり、高熱伝導のピストンリングを使ったりして燃焼室から熱を取り除くことをまずやった。さらに一番熱くなるエキゾーストのバルブのところにはナトリウム封入バブル、それに真鍮のバルブガイドでエンジンの熱を捨てることで、ノッキング対策をした」という。

さらにミラーサイクルの採用でポンピングロスを低減するとともに、水素フリーDLCコーティングしたピストンリングおよびバルブリフタ、可変容量オイルポンプ、回転変動吸収クランクプーリーなどのフリクション低減技術の採用により、HR12DDRのJC08モード燃費は25.2km/Lと「クラスナンバーワンの燃費を達成。(エコカー減税)100%免税になる」としている。

しかも岸氏は「JC08モードではスーパーチャージャーは作動しない。作動しないトルクで十分走り切れる」と明かす。それにもかかわらずスーパーチャージャーを付けたことについて岸氏は「街中を走ってる時は、高圧縮でミラーサイクルかつ3気筒でフリクションも色んな面で小さい非常に燃費の良いエンジンとして活躍する。加速したい時はスーパーチャージャーが走りをサポートするそんなエンジンになっている」と述べた。

日産自動車・HR12DDR型エンジン≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車・HR12DDR型エンジン≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車・HR12DDR型エンジン≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車・岸一昭パワートレイン主管≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車・岸一昭パワートレイン主管≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車・岸一昭パワートレイン主管≪撮影 小松哲也≫