7月12日午前0時40分ごろ、愛知県名古屋市北区内の国道41号を走行していた自転車に対し、2台の車両が衝突する事故が起きた。自転車に乗っていた71歳の男性が死亡。うち1台は約30分後へ現場へ戻ったが、警察では逃走している1台の行方を追っている。

愛知県警・北署によると、現場は名古屋市北区志賀南通1丁目付近で片側2車線の直線区間。道路中央には名古屋高速1号線の高架橋脚が設置されている。71歳の男性が乗る自転車は横断歩道を渡っていたとみられるが、交差進行してきたトラックと軽乗用車が衝突したとみられる。

自転車は転倒。男性は近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡。2台の車両は逃走したが、トラックは約30分後に現場へ戻ってきた。警察では運転者の男性から自動車運転過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で事情を聞いている。

軽乗用車はそのまま逃走を続けており。警察では車両の特定を進めるとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。