昭和シェルの子会社、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池モジュール(参考画像)

昭和シェル石油は、次世代の太陽電池技術として注目されているCZTS薄膜太陽電池の高効率化技術の研究開発が、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から採択予定先として選定された。

今回のCZTS薄膜太陽電池技術の開発は、昭和シェルのほか、産業技術総合研究所、立命館大学、東京工業大学、鹿児島大学、筑波大学、龍谷大学の7機関が参加した産学官連携コンソーシアムが担うプロジェクトとして提案していた。

プロジェクトでは、昭和シェルグループで太陽電池技術開発を主導する厚木リサーチセンターが主に製造技術開発を担う。

CZTS薄膜太陽電池技術は、銅、亜鉛、スズ、硫黄、セレンを使った次世代の太陽電池技術で、CIS技術の延長線上にある。入手し易く安価な原材料を主としていることから、より低いコストで高性能の太陽電池の開発が期待されている。

ソーラーフロンティア 太陽光発電システム(参考画像)