7月12日午前10時ごろ、長崎県長崎市内の駐車場で乗用車が暴走。約20cmの囲いを乗り越え、路面から約5m下の畑に転落する事故が起きた。クルマは大破し、運転していた54歳の男性が意識不明の重体。同乗者も骨折などの重傷を負っている。

長崎県警・時津署によると、現場は長崎市下黒崎町付近にある駐車場。乗用車は隣接する市道から駐車場へ進入したが、何らかの原因で暴走。約20cmの高さがある囲いを乗り越え、路面から約2.5m下の畑へ転落。さらに約2m下にある別の畑へ転落した。

クルマは二度の転落によって大破。運転していた同市内に在住する54歳の男性は全身を強打し、意識不明の重体。助手席に同乗していた70歳の女性も胸部骨折の重傷を負った。

2人は同市内にある内装工事会社の社員。現場へは仕事のために訪れていたという。警察ではアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。