ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジア・シリーズ第2戦(富士スピードウェイ)《撮影 郡谷謙二》

FIA GT選手権や、DTMのサポートイベントとして人気の高い、ランボルギーニのワンメイクレース「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・レース」。そのアジアシリーズ第2戦が7月14〜15日に静岡県御殿場市にある富士スピードウェイで開催された。

「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・レース」は2009年の創設以来、スパ・フランコルシャンやモンツァなどの、ヨーロッパ有数のサーキットで開催されてきた。ヨーロッパでの成功をうけて、2012年からアジアシリーズが開催されることとなった。

アジアシリーズは日本や中国、台湾、マレーシアのサーキットで行われ、各レース予選(35分)に加え、2回の公式レース(50分)が行われる。アジアシリーズには、日本の2チームを含む、アジア7カ国から18のチームが参戦。マレーシアにあるセパン・インターナショナル・サーキットでは、すでに第1戦が2012年5月に行われている。

レースで使用される『ガヤルドLP 560-4レースカー』は、エンジンやシャーシなどに改造が施されたアジアシリーズ専用開発のマシンであり、搭載されるV10エンジンは570PSを発揮する。

富士スピードウェイで行われる第2戦は、フォーミュラ・ニッポンの併催レースとして開催される。7月14日に行われた第1レースではBBT(中国)のAnthony Liuが優勝を果たした。また、2位にはLamborghini Japan(日本)の寺島茂が入った。

第2レースは7月15日16時20分にスタートする。

ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジア・シリーズ第2戦(富士スピードウェイ)《撮影 郡谷謙二》 ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジア・シリーズ第2戦(富士スピードウェイ)《撮影 郡谷謙二》 ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジア・シリーズ第2戦(富士スピードウェイ)《撮影 郡谷謙二》 ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジア・シリーズ第2戦(富士スピードウェイ)《撮影 郡谷謙二》 ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジア・シリーズ第2戦(富士スピードウェイ)《撮影 郡谷謙二》