SASスクリーニング検査

JAF(日本自動車連盟)とSASサポートセンターは、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査が自宅でできるサービスを開始した。

SASの潜在的な患者は国内で200万人以上といわれ、発症に疑いを持ちつつも、入院して検査するのが面倒でそのまま放置している人も多いのが現状。症状には、日中激しい眠気におそわれる場合があり、運転中に重大な交通事故を引き起こしてしまう可能性がある。

JAFでは、SASサポートセンターの協力を得て、従来、事業所を対象として実施していた「SASスクリーニング検査」を、JAF会員個人が自宅で検査できるサービスの提供を始めた。

サービスは、自宅に検査機器、問診票等を送付。機器を装着し、指先のセンサーで睡眠中の動脈血の酸素量をモニタリングし、簡易的に判定。検査機器、問診票等を返送し、約1か月後に、結果データが自宅に郵送されるというもの。検査費用は4800円(会員価格・別途送料および代引き手数料要)。