10日午前8時35分ごろ、福岡県北九州市若松区内の市道で、一時停止を無視して交差点に進入したバイクが、交差進行してきた乗用車の側面に衝突する事故が起きた。バイクを運転していた18歳の男性が重傷。直前まで白バイの追跡を受けていたという。

福岡県警・若松署によると、現場は北九州市若松区鴨生田2丁目付近。交差点に信号機は設置されていない。バイクは一時停止を無視し、減速しないまま交差点内へ進入。直後に交差進行してきた乗用車の側面部に突っ込んだ。

この事故でバイクを運転していた水巻町内に在住する18歳の男性が胸部を強打。近くの病院へ収容されたが、肺挫傷の重傷。乗用車を運転していた八幡西区内に在住する73歳の男性も打撲などの軽傷を負っている。

バイクは現場約500m手前を速度超過状態で走行していたところをパトロール中の白バイ隊員が発見。隊員は停止を命じたが、バイクはこれを無視したために追跡していたという。その後、バイクは急加速して白バイを振り切ったが、直後に衝突事故を起こしたとみられている。