マツダCX-5生産ライン

マツダは13日、マレーシアにおけるブランド構築と、ビジネスの発展を目的に、同国におけるマツダ車の販売統括会社であるベルマツモーター社と、今年中の合弁生産・販売会社設立に向けて、協議を開始することで合意した。

ベルマツは、昨年1月に『Mazda3(日本名:マツダ アクセラ)』の現地組立を開始している。これに加え、今回の合意を受け、2013年前半から同国向けの『CX-5』の現地組立を新合弁会社で開始する。CX-5の年間目標生産台数は3000台。

マツダの山内孝社長兼CEOは「ベルマツと合弁生産・販売会社の設立を前提とした協議を開始することは、マツダとして同国市場にしっかりと根ざしてビジネスを展開していく意志を示すことになる。新興国ビジネスに一層注力し、反転攻勢を着実なものにしていく」と述べた。

マツダは、マレーシアを、タイ、インドネシアなどと同様、ASEAN地域の中核市場の一つとして捉え、現在推進している構造改革プランにおいて、2016年3月期にASEAN地域における販売台数目標を15万台と設定している。

マツダ CX-5 Mazda3(日本名 アクセラ) マツダ・山内孝社長≪撮影 小松哲也≫