CO2排出量79g/kmを実現したトヨタ・ヤリス・ハイブリッド(参考画像)

欧州委員会(EC)は11日、欧州市場で販売される新車に適用する新たなCO2排出規制の原案を公表した。

この規制案は2020年までに、欧州市場で販売する全ての乗用車やLCV(軽商用車)への適用を目指すもの。その柱となるのが、1台当たりの平均CO2排出量を95g/kmに設定したことだ。

現行の欧州のCO2排出量規制は、2015年に130g/kmを実現するという内容。今回公表された2020年規制の原案は、100g/kmを切る厳しい数値だ。

欧州では2011年、新車1台当たりの平均CO2排出量は、135.7g/kmだった。95g/kmの原案が正式決定となれば、各自動車メーカーには一層の環境対応が求められることになる、

欧州委員会のConnie Hedegaard氏は、「我々の提案は環境保護と、消費者の燃料代節約を図るため。欧州自動車産業の技術革新と、競争力の引き上げも目的」と述べている。

フィアット500ツインエア(参考画像) スマート フォーツー エレクトリックドライブ(参考画像)《撮影 太宰吉崇》