メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎副社長≪撮影 小松哲也≫

メルセデスベンツ日本の上野金太郎副社長は12日、都内で会見し、メルセデスベンツ『CLS』の5ドアモデル『CLSシューティングブレーク』を今秋に導入する計画を明らかにした。

上野副社長は「今後も魅力的なニューモデルを積極的に導入していく。待ち焦がれていた方も多い新型『Gクラス』は間もなく発表を予定している。そして秋にはクーペのスタイリングとステーションワゴンの実用性を合わせ持つ『CLSシューティングブレーク』の導入を予定している」と述べた。

また「プレミアムコンパクトセグメントには新型『Bクラス』に加え、新型『Aクラス』。さらにはその詳細は秘密だが、このセグメントに全く新しいタイプを3モデル追加する予定」とした上で、「2015年までに、これまでなかった全く新しいタイプのニューモデルを10種類以上投入する」ことも明らかにした。

メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎副社長≪撮影 小松哲也≫ メルセデスベンツ エクスペリエンス≪撮影 小松哲也≫ メルセデスベンツ エクスペリエンス≪撮影 小松哲也≫