テュフ ラインランド ジャパンは、太陽電池モジュールの信頼性保証体制に関する新規格JIS Q 8901の認証サービスを開始した。

JIS Q 8901は、設計・製造面で長期信頼性が確認された太陽電池モジュールの流通と、長期間の製品保証体制の構築を製品責任者に要求することを目的とした新規格。

認証サービスでは、新規格に基づいて、実際に現地に赴いて調査または評価を行う。評価に必要となる製品の設計、試験データ、保証に関する全情報を必要に応じ、いつでも提出できる体制が確立できているかを検証。評価に問題がなければ数週間以内に認証書を発行する。

これまで、太陽電池モジュールの長期保証を評価する制度はなく、同社では、JIS Q 8901認証が、ユーザーに対して製品の信頼性を証明できるというメリットをもたらすとしている。