ヒュンダイ エラントラ中国仕様(北京モーターショー12)

新社会システム総合研究所は、「エネルギー転換とクラウドで生まれ変わるモビリティ」をテーマにセミナーを開催する。

今回のセミナーでは、アクアビット代表取締役の田中栄(たなかさかえ)氏が講演する。

自動車業界における韓国メーカーの台頭、新興国市場の急成長、電気自動車(EV)普及の本格化など、変化の根底にあるものは「サスティナビリティ」や「クラウド」といったテクノロジートレンドであるというのが田中氏の主張。

各国がEVに力を入れているのは「エコ」のためではなく、新興国メーカーの台頭は他業界でも既に同様で、この流れは歴史の必然でもあるという。日本の自動車メーカーはこれからどこに向かうべきかをエネルギーの将来シナリオと併せる形で、予測している。

開催日は、2012年7月19日午後1時〜午後5時。会場は東京都港区西新橋2-6-2。受講料は1名3万1500円(税込)。同一団体より複数参加の場合は2人目以降2万1000円(税込)。

ヒュンダイ・ソナタ ヒュンダイ サンタフェ(ニューヨークモーターショー12) ヒュンダイブース(北京モーターショー12)《撮影 土屋篤司》 ヒュンダイ(ジュネーブモーターショー12) ヒュンダイ(ジュネーブモーターショー12)