アストンマーチン V12ヴァンテージ ロードスター

英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーチンの『V12ヴァンテージ』。同車に、オープンボディのロードスターが加わった。

これは11日、アストンマーチンが発表したもの。『V12ヴァンテージ ロードスター』の概要が明らかにされたのだ。

V12ヴァンテージは、2009年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。最大出力517psを発生する6.0リットルV型12気筒ガソリンエンジンを搭載。発表当時は、アストンマーチン96年の歴史において、最強のパフォーマンスを誇るモデルだった。

今回登場したロードスターも、クーペと同じエンジンを搭載。自然吸気の6.0リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、最大出力517ps/6500rpm、最大トルク58.1kgm/5750rpmを引き出す。トランスミッションは6速MT。0-100km/h加速は4.5秒、最高速は305km/hと、アストンマーチンのロードスターとしては、最速の性能を発揮する。

ルーフは流行のハードトップではなく、ソフトトップを採用。V12ヴァンテージ ロードスターの英国ベース価格は、15万ポンド(約1850万円)と公表されている。

アストンマーチン V12ヴァンテージ ロードスター アストンマーチン V12ヴァンテージ ロードスター アストンマーチン V12ヴァンテージ ロードスター アストンマーチン V12ヴァンテージ ロードスター アストンマーチン V12ヴァンテージ ロードスター アストンマーチン V12ヴァンテージ ロードスター アストンマーチン V12ヴァンテージ ロードスター アストンマーチン V12ヴァンテージ ロードスター