富士スピードウェイ、9月5日に2輪車向けライセンス講習会

富士スピードウェイは9月5日、2輪車オーナーを対象にしたFISCOライセンス(スポーツ走行会員)講習プログラム「FSWファーストインプレッション」を開催する。

同講習会は、レーシングコースを舞台に、ライセンスを取得してスポーツ走行を楽しもうという人や、ライセンス取得者のビギナーに向けて実施。

プログラムは、2輪車でサーキット走行をする上で必要な基本ルールを学ぶ座学講習や緊急時の対処法に加え、講師と共にマイクロバスに乗車してコース内よりライン取りや、速度の違う車両と一緒に走る上での注意点などを解説。初めて富士スピードウェイを走行する人でも参加することができる。

また、フリー走行では各種旗信号を用いてサーキット走行時にコース内で想定されるトラブルや走行指示をシュミレーションするなど、サーキットを走行するための基礎を実践的に体験する。

●参加対象車種:
125cc以上のオンロードタイヤ(16インチ以上)装着車でニーグリップ可能な車両
●参加費用:
4万6500円(FISCOライセンス取得料4万1500円を含む)
FISCOライセンス(2輪レーシングコース)取得者は5000円
●応募期間:
9月4日まで(先着20名)

富士スピードウェイ、9月5日に2輪車向けライセンス講習会