キャンバスマップル マップルナビS

昭文社の100%子会社であるキャンバスマップルが26日に提供を開始したiPhone向けカーナビゲーションアプリが「マップルナビS」だ。マップルナビはこれまで、PNDや据え置き型ナビなどに向けて提供されてきたナビゲーションアプリだが、今回スマートフォン向けとして初めて登場した。

マップルナビSは同社の親会社である昭文社が発行している「スーパーマップル」の地図を活用するとともに、全国47都道府県主要部の「ぬけみち」データも収録している。

日本全国の地図を丸ごとダウンロードするスタンドアローン式のため通信環境のない場所でも使用が可能。また同社の電子書籍アプリ「ことりっぷ」や「まっぷるマガジン」との連携で、観光スポットの検索や、旅行先周辺の情報なども手軽に入手できるのも特徴だ。ことりっぷが未購入の場合は購入画面に遷移する。

マップルナビSでは、ナビ側から現在地周辺のガイド情報を呼び出して、ことりっぷのページを表示させることができる。

キャンバスマップルでは、ことりっぷのバリエーションをさらに強化していくことを明らかにしており、旅行シーズンを迎える今夏までに50以上のことりっぷをラインナップさせる予定だ。

マップルナビSのアプリ価格は1400円だが、7月13日までは半額の700円で購入できるキャンペーンを実施している。

地図画面は紙地図で圧倒的なシェアを持つ昭文社の地図をベースに、スマートフォン向けに最適化している 10mスケールの詳細地図も表示可能 メインメニュー。大きなボタンが6つ設置される 目的地検索のメニュー フリーワード検索の検索結果一覧 地点の詳細情報にガイドブックに収録のコンテンツがあれば表示される ルート一覧 ダウンロード型なので、地図の拡縮はスムーズだ ルート編集の他、ルートシミュレーションも可能 交差点拡大図やレーンリストも表示される 設定メニュー。メニュー毎に専用色が割り当てられているので、慣れると色を見ただけでどのメニューにいるのかがすぐに分かる 詳細設定 ルートのオレンジは一般道、水色は有料道路 縦位置表示にももちろん対応 ジャンル検索。収録件数も同時に表示される テーマ毎のスポットも表示される こちらは「ことりっぷ」アプリの本棚。すでに購入済みであれば本棚メニューに購入済みの商品カバーが表示される ことりっぷの地図表示 ことりっぷの見開きモード 任意のスポットを見て、目的地に設定したりスポット登録したい場合は地点情報の部分を長押しすると画面のようなメニューが表示される マップルナビを起動 スポットの詳細情報が表示される 即座にルート案内を始めることができる 現在地を取得して、ことりっぷで紹介されている周辺のスポットを表示することも可能 ICの拡大イラストも表示 イラストはかなりリアル 高速道路走行時はIC/JCT/SA/PAが一覧で表示されるハイウエイモードとなる。設定により非表示にもできる キャンバスマップル マップルナビS キャンバスマップル マップルナビS