三菱電機太陽光発電システムパワーコンディショナ

三菱電機は、集合住宅の外壁など屋外にも設置できる定格出力4.0kWタイプの国内住宅用太陽光発電システム向けパワーコンディショナ(PC)を7月31日から発売する。

新しいパワーコンディショナは、同社独自の「階調制御インバータ方式」の採用で、屋外設置可能タイプでは業界最高となる電力変換効率96.5%を実現したとしている。

JISで規定するIP55相当の高い防塵・防水性能を持ち、集合住宅の外壁などの屋外に安心して設置できる。太陽電池モジュールで発電した直流電力を家庭で使える交流電力に効率よく変換し、太陽光発電システムトータルでの高出力化を実現するとしている。

停電時でも、手動で自立運転に切り替えることにで、最大1.5kWまでなら発電した電力を家庭内で使用できる。

価格は44万2050円。