ネッドカーでかつて生産されていた三菱 カリスマ

三菱自動車は、欧州生産子会社のネザーランドカー(ネッドカー)の全株式をオランダのバスメーカー、VDLグループに1ユーロ(約97円)で売却すると発表した。

三菱自動車は、今年2月、ネッドカーでの車両生産を2012年末で終了し、2013年以降は新たな生産車両の投入をしないことを決定。現従業員を全員引き継ぐことを最優先に協議を進めていた。

株式譲渡予定日は2012年12月。今回の株式譲渡で見込まれる280億円の損失は、2013年3月期に計上する。

ネッドカーは、1991年に三菱自動車、スウェーデンボルボ、オランダ政府の三者合弁事業としてスタート。2001年3月に三菱自動車が全株式を取得し、完全子会社化した。1995年より『カリスマ』を生産し、その後『スペーススター』を生産。現在は『コルト』と『アウトランダー』を生産。三菱車の累計生産台数は約110万台。

オランダの三菱自動車の生産子会社、ネッドカー