パイオニア『カロツツェリア スマートフォンリンク アプリユニット』、これはCD/DVDユニットに地上デジタルチューナーを加えた「SPH-DA09」《撮影 石田真一》

パイオニア カロツツェリア スマートフォンリンク 『アプリユニット』(SPH-DA09/05)は、分類的には「ディスプレーオーディオ」と呼ばれるもので、液晶モニターとAV機能を持つ本体にスマートフォンを接続することで、スマートフォンにインスートルされたアプリを使うためのアイテムだ。

AndroidとiPhone(iOS)の両対応だが、ケーブルはそれぞれ別のものを使う。Androidの場合は使用する地図アプリの関係からNTTドコモの端末に限られており、他キャリアは使えない。auやソフトバンクのユーザーはiPhoneで利用することになる。

また、地図アプリはAndroidとiPhoneで異なるため、地図のデザインも異なる。音楽系などのアプリは両対応のラインナップが大半だ。GPSアンテナは本体側のものを使用。ジャイロも装備しているため、画面に表示される自車位置の精度は本格ナビに匹敵する。万が一ルートを誤っても素早くリルートされるのでリカバリーも容易だ。

iPhone用の地図アプリ『カロッツェリア Linkwith カーナビゲーション for iPhone』は7月から提供されるが、この記事の写真はテスト用の試作品となる。提供バージョンとは異なる可能性があるのは注意されたい。《撮影 石田真一》 本体とiPhoneをケーブルで接続し、「Linkwith」という専用アプリを起動させて使う。《撮影 石田真一》 iPhone用アプリの地図デザインはパイオニア標準。まるで楽ナビの画面を見ているようだ。《撮影 石田真一》 静電容量式のモニターはマルチタッチ対応。縮尺切り替えはピンチイン/ピンチアウトで行う。《撮影 石田真一》 フルナビと同じデザインだけに地図は見やすいし、違和感もない。《撮影 石田真一》 100mスケール相当の場合、停止から30km/h程度までの速度は建物も表示する。《撮影 石田真一》 立体交差など、進行ルートがわかりにくい場合には拡大図も出てくる。《撮影 石田真一》 スマートループ渋滞情報にも対応。スマートフォンだから通信手段の確保も問題ない。《撮影 石田真一》 iPhoneで使う場合、iPhone側の画面は固定される。アップル側の仕様によるものだという。《撮影 石田真一》 「Linkwith対応アプリ」は今後も増加予定。現状では音楽・映像系が中心だ。《撮影 石田真一》 対応アプリがある場合、本体側のアプリリストからダウンロード可能。《撮影 石田真一》 通信と接続されていることもあり、駐車場の満空情報やガソリン価格情報のオンライン取得ができる。《撮影 石田真一》 空いている駐車場を調べることも可能。《撮影 石田真一》 ガソリンは価格も参照できる。《撮影 石田真一》 もちろん、そのまま目的地として設定することもできる。《撮影 石田真一》 iPhone側で見た地図画面。単体でのアプリ使用ができるかどうかは現状未決定。《撮影 石田真一》 いわゆる壁紙。iPhone接続時とAndroid接続時で微妙に異なる。《撮影 石田真一》 Androidの場合は端末で表示されたものがミラーリングとして表示される。簡易なリモコンの役割も果たす。《撮影 石田真一》 本体側アイコンの大きさは2種類あり、好みで選べる。《撮影 石田真一》 Androidはドコモ端末専用。駐車場の満空情報やガソリン価格情報の画面は「ドライブネット」の仕様だが、機能はiPhoneと同じ。《撮影 石田真一》 ガソリンスタンドの情報も取得できる。《撮影 石田真一》 地図のデザインはNTTドコモの意向が入った「ドライブネット」仕様になる。《撮影 石田真一》 地図の縮尺をピンチイン/ピンチアウトで変えることができるのも同じ。《撮影 石田真一》 スマートフォンの小さな画面でも短時間で視認できることを目指したこともあり、地図としてはドライブネット仕様の方が見やすいかもしれない。《撮影 石田真一》 事実上、「接続する端末に左右される」ということもあり、地図画面の見やすさで選択できないのは残念だ。《撮影 石田真一》 ドライブネット仕様の地図はスマートフォンの画面で使ったことがあるが、アプリユニットのワイド7インチ画面の方が圧倒的に見やすい。《撮影 石田真一》 都市高速(首都高)入口の拡大図。これはAndroid。《撮影 石田真一》 同じく都市高速の拡大図。こちらはiPhone。《撮影 石田真一》 道路状況次第ではあるが、スマートループを利用したリルートも結構掛かる印象だ。《撮影 石田真一》