オーテックジャパン、フェアレディZ Version NISMO

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、『フェアレディZ Version NISMO』をマイナーチェンジし、7月18日より発売を開始する。

フェアレディZ Version NISMOは、フェアレディZの持つ高い運動性能をベースに、さらなるスポーツドライビングの楽しさを提案するべく、空力特性に優れたエアロパーツの採用や、エンジンの高出力化を図ったモデル。

今回のマイナーチェンジでは、エンジンの出力特性、タイヤ、ボディ剛性、サスペンション、ブレーキなど、多岐にわたる見直しを実施し、従来以上のハイパフォーマンスを実現した。

エンジンはコンピューターチューニングを見直すことで、最高出力を維持しながら、中速域のトルクを向上。タイヤには高いグリップ性能を誇る、ブリヂストン「ポテンザRE-11」を採用。タイヤ性能を活かしきるために、ボディの補剛パーツを追加、またブッシュの硬度を見直し、入念なサスペンションチューニングを実施した。さらに、ブレーキホースとブレーキフルードの変更も行い、ブレーキフィーリングの向上を図っている。

価格はATモデルが523万9500円、6MTモデルが513万4500円。