VW/ザ・ビートル(参考画像)《撮影 青山尚暉》

原点回帰の“作風”で一新された今度の『ザ・ビートル』に乗り最初に感じたのは「フツーのクルマになった」ということ。

定規で描いた半円のなかにポツンと座らされた印象だった先代は、勢いAピラー(の付け根)が遠く、4つのフェンダーの位置が把握しづらかった。が、新型はAピラーもインパネもフロントスクリーンも適切な距離感。

インパネのデザインは現フィアット『500』並のお洒落さで、そういうセンスが得意そうではなかったVWにしては出色の出来だ。室内空間は横方向のゆとりが印象的で、天井も必要以上に高過ぎず“大人がさり気なく選んで乗れるパーソナルカー”といいた空気感を醸し出す。

従来比1.5倍の容量というトランクも深さ、奥行きなど十二分で実用的だ。排気量が1.2リットルのエンジンはもちろん最新のTSIで、7速DSGとの組み合わせ。快活ですらある動力性能を発揮。街中から高速走行までサラリとこなす安定感たっぷりの乗り味も特徴だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

VW/ザ・ビートル(参考画像)《撮影 内田俊一》 VW/ザ・ビートル(参考画像)《撮影 内田俊一》 VW ザ・ビートル(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 VW ザ・ビートル(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 VW ザ・ビートル(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》