ENEOS森のわくわく学校 森の探検

JX日鉱日石エネルギーは、9月29日から30日に、長野県諏訪郡原村において、子ども達に自然とエネルギーの大切さを体感してもらう1泊2日の体験プログラム「ENEOS森のわくわく学校」を開催する。

同プログラムは、環境教育の専門家であるキープ協会の指導のもと、森の探検、秘密基地づくり、森の木々や葉っぱを使った遊びや火おこしなど、自然の中で五感を使ってさまざまな体験をする。

10回目の開催となる今回は、同社の森林保全活動「ENEOSの森」を展開する長野県諏訪郡原村で、小学4〜6年と保護者のペア15組30人で開催する。

2007年度にスタートした同プログラムには、これまでに240人が参加。参加者からは「森の大切さや暮らしの中のエネルギーについて、改めて考えることができた」「家に帰ってからも、環境にやさしい暮らしについて家族で話し合いたい」などの声があがっている。

ENEOS森のわくわく学校 焚き火おこし体験