ふるさとアンテナショップめぐりキャンペーン

京王電鉄、東京都交通局など11社局は、各道府県が運営する37のアンテナショップと協力し、7月14日から8月31日まで「ふるさとアンテナショップめぐりキャンペーン」を実施する。

キャンペーンは、都内各所で出店している各道府県のアンテナショップに足を運んでもらうことで、多くの利用客に各地の魅力を再発見していもらうことが目的。2004年の初開催から数えて9回目、37店でキャンペーンを展開する。

今回のキャンペーン内容は、「各地の郷土料理と清涼感溢れるグルメ」をテーマに各アンテナショップ一押しのご当地グルメを紹介する。各社局の駅で配布する「ふるさとアンテナショップめぐり」パンフレットを持参し、パンフレット内の「クーポン特典」対象の24店で500円以上利用すると、割引特典など参加店ごとのサービスが受けられる。

さらに、パンフレットに付いている「スタンプラリーカード」に、参加37店の中から異なる店のスタンプを3個を集めて応募すると、抽選で237人に参加各店からの特産品が当たる。

また、今回より通常のスタンプラリーと併せて、各エリアを対象に携帯端末のGPS機能を使用したモバイルラリーを実施。2つのエリアでチェックインすると抽選で30人に「特産品福袋」をプレゼントする。

キャンペーンに参加するのは、京王電鉄、京成電鉄、京浜急行電鉄、新京成電鉄、首都圏新都市鉄道、東京都交通局、東武鉄道、東葉高速鉄道、北総鉄道、東京地下鉄、埼玉高速鉄道の11社局。