三菱ふそう サービス技術コンテスト、総合優勝は東海・北陸ふそう(2)チーム

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は7月7日、喜連川研究所(栃木県さくら市)で「2012年度サービス技術コンテスト」を開催した。

サービス技術コンテストは、「FUSO 2015」の柱の一つである「顧客満足度向上」を目指す活動の一つ。サービススタッフが知識・技術を競い合い、フロントスタッフとメカニック間の連携を含めた、アフターサービスの総合的な対応力のレベルアップを目的としている。

全国の三菱ふそう系販売会社およびMFTBC地域販売部門から選抜した36チーム(1チーム:フロント1名、メカニック2名)合計108名が、トラブルシューティングの団体競技、および学科競技に挑んだ。

トラブルシューティング競技では、大型トラック「スーパーグレート」での故障診断を実施。制限時間内で、課題となる、顧客からの用命事項の受付および故障診断・不具合修復、車両引渡しを実施。また、学科競技では、整備技術・業務・法令に関する知識および、三菱ふそうの商品に関する知識などを中心とした試験を実施、各競技の合計点で、総合優勝を競った。

なお、総合優勝は東海・北陸ふそう(2)チーム、準優勝は神奈川三菱ふそう自動車販売(1)チーム、第3位は近畿ふそう(2)チームだった。