パナソニック「ストラーダHシリーズ」これは最近の車種に採用が増えてきた幅広200mmコンソールに対応する『CN-H510WD』。《撮影 石田真一》

パナソニック「ストラーダHシリーズ」2012年モデルの目玉はスマートフォン連携。専用アプリ『おでかけサポートアプリ ここいこ』をインストールすることで、使い慣れたスマートフォンから目的地の検索やルートの設定を行うことができる。

ナビのデータベースがカバーしない最新スポットなどもアプリでフォローする。ナビ本体とスマートフォンはBluetooth接続なので、後席からもリモコン感覚で目的地の設定が可能だ。

「Hシリーズ」は、従来のミドルレンジに位置するモデルとして2011年に登場。DIN規格の横寸180mmコンソールに対応する『CN-H510D』と、最近の車種に採用が増えてきた幅広200mmコンソールに対応する『CN-H510WD』の2タイプがラインナップされている。このうちワイドモデルのH510WDについて、スマートフォン連携を中心に機能を写真で紹介しよう。

最大の特長はスマートフォン連携。インストールしたアプリから目的地の設定ができる。《撮影 石田真一》 使い慣れたスマートフォンから検索できる。《撮影 石田真一》 ナビへの転送は本当にワンタッチ。「ここ行こ」アイコンをタッチするだけ。《撮影 石田真一》 スマートフォン画面から飛び出した紙飛行機がナビ本体の画面で舞う。《撮影 石田真一》 ルート設定への移行はスムーズ。《撮影 石田真一》 ユーザーの好みに応じた経路で設定できる。《撮影 石田真一》 HD510D/HD510WDが本体に持つデータベースは新しく、東京都内に最近オープンした話題のスポットも収録している。《撮影 石田真一》 ダイバーシティ東京はもちろんヒットする。《撮影 石田真一》 渋谷ヒカリエや東京スカイツリータウンも検索可能。《撮影 石田真一》 普段はすっきりとした地図図面だが、運転席側から手をかざすと画面下にランチャーメニューが表示される。《撮影 石田真一》 静電容量方式のガラスタッチパネルを採用。フラットで美しい。《撮影 石田真一》 アイコンは見やすさも考慮している。スポットライトで照らされているようなデザイン。《撮影 石田真一》 スマートフォンに連携するだけでなく、スマートフォンのような操作方法も特徴のひとつ。《撮影 石田真一》 ドラッグやフリックでスクロールできる。《撮影 石田真一》 LEDバックライトを採用。地図は非常に見やすい。《撮影 石田真一》 取り付けるクルマによってはガラスパネルの反射が気になるかもしれないが、画面角度やコントラスト調整でなんとかなってしまう。《撮影 石田真一》 誘導も的確で、曲がるべきポイントを誤ることはほとんどない。《撮影 石田真一》 予算が許すのであればDSRC車載器を搭載したい。 DSRC車載器と組み合わせると、ナビ本体内の渋滞データバンクの情報とも合わせ、渋滞回避に最大の性能を発揮する。《撮影 石田真一》 カーブの多い首都高速ではこんな注意喚起情報も。数年前までは展示会でしか見られなかったものが、ついに実用レベルとなった。《撮影 石田真一》 自車周辺の渋滞情報に対応するのはもちろん。《撮影 石田真一》 広域の渋滞情報や所要時間にも対応するので、ドライブ中の休憩が計画しやすい。《撮影 石田真一》 ユーザー好みの1台を作り上げるためのチューン項目は充実。《撮影 石田真一》 従来の地図画面だけでなく、オーディオのチューンも簡単に行える。《撮影 石田真一》 普段使いは「音の匠」モードがいい。《撮影 石田真一》 ルートチューンだけでなく、誘導タイミングについてもチューンできる。《撮影 石田真一》 Bluetoothはペアリングというのものをほとんど意識することなく使える。《撮影 石田真一》 エコを考慮したルート設定のほか、診断もできる。《撮影 石田真一》 DVDはVRモードにも対応。家庭用機器で録画したDVDメディアを持ち込んで再生できる。《撮影 石田真一》