アウディジャパンは、2012年上半期(1-6月)の新車登録台数が前年同期比19%増の1万1974台と過去最高になったと発表した。

1967年にアウディ正規輸入開始以来、上半期の登録台数でこれまで最高だった2011年の1万0085台を大幅に上回って、2年連続で過去最高記録を更新した。

上半期に投入した新型モデル「A1スポーツバック」や「A4」シリーズ、「A5」シリーズ、「A6アバント」、「Q3」が順調だった。特にA6シリーズはA6アバントを追加導入した効果もあって同450%増と大幅増となり、過去最高の販売台数に貢献した。

同社では下半期も「S6」、「S7」、「S8」、ハイブリットモデルの導入を計画しており、販売攻勢をかける。