水陸両用バス

JTBは、日本水陸両用車協会、はとバスの協力のもと、「水陸両用バスを利用しての“東京湾の水辺活性化"社会実験」の一環として、首都圏エリア初の水陸両用バスを利用した観光ツアーを、7月14日より実施する。

水陸両用バスを利用した社会実験は、3月20日から4月8日の約2週間に渡り実施し、無料モニターとして多くの人が参加した。今回、ツアー実施期間を7月14日から10月14日の3か月間とし、1日の運行本数を4本〜5本に増便して、有料観光ツアーとしてJTBホームページで販売する。

第1弾は、7月14日から9月2日まで、40人乗りの水陸両用バス1台を使い、1周約1時間30分のツアーを実施する。船の科学館を発着場所とし、台場からレインボーブリッジを渡り、対岸の着水ポイントまで陸路で移動する。水上からはレインボーブリッジや東京スカイツリーを眺めることができ、最終便では東京湾からの夕景を楽しむこともできる。

ツアー料金は、大人3500円、子ども2300円。