トヨタ iQ GRMNスーパーチャージャー

トヨタは、GAZOO Racingが開発したスポーツコンバージョン車『iQ GRMNスーパーチャージャー』を100台限定で9月下旬に発売する。

限定車は、「見る者・乗る者をトリコにする、スパイスの効いたマイクロレーサー」をコンセプトに、iQ「130G MT」をベースとして開発。サーキットを駆け抜ける動力性能に磨きをかけ、第1弾のiQ「GRMN(2009年モデル)」に引き続き、走る喜びを追求したモデルとしている。

具体的には、スーパーチャージャーを搭載し、エンジン最高出力・最大トルクを30%以上向上させ、専用チューニングのサスペンションや、スポーツ走行にあわせてギヤ比をクロスレシオ化させた6速MTなどにより、軽量ボディと高いエンジン性能を最大限に活かした、痛快な走りを実現している。

また、デザインでは、専用バンパーやリヤスポイラーを装備するとともに、スポーツモデルにふさわしいワイド&ローのフォルムを、滑らかに張り出したブリスターフェンダーでさらに強調。加えて、最新のプレス技術によるシャープなボディラインや、ドアパネル部へのGRMNのロゴ加工などにより、特別感を付与している。さらに、インテリアでも専用スポーツシートやメーターなど、スポーツ走行を前提とした装備を充実させている。

販売は、7月22日からGAZOO.com内の専用サイトで先着順により商談申込みを受付。その後、全国のネッツ店のAREA86(全国107店舗)を通じて商談を行う。

価格は、355万円。

トヨタ iQ GRMNスーパーチャージャー トヨタ iQ GRMNスーパーチャージャー