トヨタ自動車は、日本人社員と、同社海外事業体の外国人社員とのソーシャルネットワーク(SNS)による、グローバルなコミュニケーションの活性化を目的として、7月10日に「SNS翻訳センター」を設置する。

SNS翻訳センターは、2012年1月に稼動開始したトヨタの社内SNS「TOYOTA Chatter」に設置し、7月末までトライアルを実施したのち、8月より本格運用を開始する。

同センターでは、コンピューターによる自動翻訳と、オペレーターによる手動翻訳を組み合わせ、翻訳の精度を従来の自動翻訳より格段に向上させている。センターに導入する辞書データベースには、これまで蓄積されたトヨタ独自の専門用語や表現が登録されており、より正確な翻訳を可能としている。

さらに、自動翻訳が不十分な場合には、専門のオペレーターが即座に加筆、修正する。オペレーターが修正した語彙や表現は、自動的に学習されるため、自動翻訳の精度も利用に伴い向上させることができる。サービスは24時間、リアルタイムでトヨタの国内、および主要海外事業体の「TOYOTA Chatter」登録社員に提供される。

TOYOTA Chatterでは、販売・マーケティング部門を中心に、北米3200人、欧州1700人など、全世界で計8400人が登録し、英語によるコミュニケーションが展開されている。

トヨタは、TOYOTA Chatterに、今回設置したSNS翻訳センターを加えることで、日本と海外事業体とのコミュニケーションをさらに活性化させ、迅速な情報共有と意思決定を促進させる。