タイ生産の日産マーチ(バンコクモーターショー12)

日産自動車の東南アジア地域などを統括するアジア・パシフィック日産自動車の木村隆之社長は9日、横浜市で記者会見し、ASEAN(東南アジア諸国連合)地域での生産能力を、2010年度の35万台から16年度には倍の70万台に増強する計画を明らかにした。

日産は11年度から16年度までの中期計画のなかで、ASEAN地域の販売は10年度の15万台から50万台に拡大、同期間に販売シェアは6%から15%に引き上げる方針を打ち出している。70万台への生産能力増強計画は、この方針に沿ったものとなる。50万台の現地販売のほか、20万台は中東などASEAN域外への輸出に充当する。

今後の能力増は、新車需要の中心となるタイとインドネシアが中心となるものの、国別の計画公表は、商品計画に直結するため控えた。木村社長は、16年度までの販売計画の達成に向け、「タイでは(最大シェアの)トヨタ自動車への挑戦、インドネシアでは市場の大半を占めるMPVの強化など、国ごとに『メインフレームへのチャレンジ』を推進していきたい」と強調した。

日産ブース(バンコクモーターショー12) 日産マーチ新型(バンコクモーターショー12) 日産マーチ(バンコクモーターショー12)