スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT《撮影 太宰吉崇》

“D型”へと進化した最新『レガシィ』。正直なところ力強過ぎる新しいマスクには、もう少し温和さが欲しい気がする。ショーカー「ハイブリッドツアラー」等のデザインテーマが早く反映されるのを見たい。

インテリアは、メーター中央の多機能表示にカラー液晶を新採用、ゾーン分けされたという表示内容の位置が常に固定(従来型同様、オド/トリップ計が同時に表示される)され見やすいのはいい。が、SI-DRIVEの操作がセンターコンソールのダイヤルから、ステアリングの小さなスイッチに変更。ラジオのミュートボタンじゃないのだから…と感じるのは筆者だけだろうか。

走りが俄然、若返ったのは短時間の試乗でも実感できた。とくに2.0GT DITに搭載の2リットルターボは、踏むととにかく速く力強い。しかも洗練された回転フィールを見せる。切れ味のいいCVTもそのパフォーマンスを受け止めており、無駄のがなくスパッと反応するサスペンションも、若々しくなった新型の走りの魅力をささえている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT《撮影 太宰吉崇》 スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT《撮影 太宰吉崇》 スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT《撮影 太宰吉崇》 スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT《撮影 太宰吉崇》 スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT《撮影 太宰吉崇》 スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT《撮影 太宰吉崇》 スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT《撮影 太宰吉崇》 スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT《撮影 太宰吉崇》 スバル レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT《撮影 太宰吉崇》