トヨタ自動車・豊田章男社長≪撮影 小松哲也≫

トヨタ自動車の豊田章男社長は6日、福岡県若宮市で会見し、レクサスについて「海外メーカーは買収を重ねて多ブランド戦略をやっているが、トヨタとレクサスは同じところから生まれた2つのブランドという意味で大変ユニークで、かつチャレンジングだと思う」と述べた。

豊田社長は「トヨタはフルラインメーカーとして市場およびお客様からも期待をされていると思うし、また75年の歴史の中で色んなジャンルの車を作り上げる実力もついてきたと思っている」としながらも、「やはり高級車ブランドを造っていくやり方と、量を確保しつつ色んなジャンルの車に幅広く対応していくというのは、同じ価値観でできる部分と同じ価値観では難しい部分というのが、より深く出てきたと思う」と、同じ事業体の中で異なるブランドを造り分けていく難しさを語った。

その一方で「今後、やはりトヨタがやっているレクサスというのはトヨタから生まれたんだな。レクサスがあるトヨタだから、こうなんだなというようなものを商品でお見せしながら、トヨタとレクサスをともにやっている価値みたいなものを、ご納得頂いていきたいなと思っている」との考えを示した。

また高級車ブランドメーカーのおひざ元のヨーロッパでレクサスが苦戦していることについては「この円高で量という意味では大変今苦戦をしていることは事実。またブランド構築とか、ビジネスをやっていくというのは一朝一夕にはできない。やはりこういう苦しい時こそレクサスというブランド、レクサスという価値を改めてしっかりとやっていけば必ずや良いビジネス環境になった時に、市場からの応援を再度頂けると信じている」と述べた。

トヨタ自動車・豊田章男社長≪撮影 小松哲也≫ 新型レクサスES≪撮影 小松哲也≫ 新型レクサスES生産ライン≪撮影 小松哲也≫ 新型レクサスES生産ライン≪撮影 小松哲也≫ 新型レクサスES≪撮影 小松哲也≫