トヨタ・カローラ アクシオ 1.3X"G Edition《撮影 太宰吉崇》

蚊取り線香の煙の匂いにホッとするように、試乗枠2枠目にして、自分のクルマように馴染んでいる自分が、つくづく「日本人だなあ」と思えた。

実に小回りが効き(最小回転半径4.9m)、常用域で心地よいフラットライドも実現、アイドルストップも用意される。

動力性能は1.5リッターでまったく不満はなく、その直後に試乗した1.3リッターは、同様のルートで「エンジン回転がやや上昇気味かな」と思えた(ステアリングの手応えもやや軽めに感じた)。が、全長を50mm縮め5ナンバーの全幅を堅持したボディは何しろ扱いやすい。

床がフラットで広々した後席は、シートクッションも十分に快適な厚み。トランクスペースも大容量で、こてんぱんに使えそう。インパネを布貼りにするなど質感にもこだわりが。センス次第で、現実的なユーザー層の呪縛から解かれて、“ランチアみたいなカローラセダン”もできたらいいなあ…などと思ったりして。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト?1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

トヨタ・カローラ アクシオ 1.3X"G Edition"《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・カローラ アクシオ 1.3X"G Edition"《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・カローラ アクシオ 1.3X"G Edition"《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・カローラ アクシオ 1.3X"G Edition"《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・カローラ フィールダー1.8S"AEROTOURER"《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・カローラフィールダー 1.8S AEROTOURER トヨタ・カローラ フィールダー 1.8S"エアロツアラー"《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・カローラ フィールダー 1.8S"AEROTOURER"《撮影 太宰吉崇》 トヨタ・カローラ フィールダー 1.8S"AEROTOURER"《撮影 太宰吉崇》