グッドウッドのヒルクライムに出走したインフィニティ FX ベッテルエディション(動画キャプチャー)

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティがF1ドライバーのセバスチャン・ベッテル選手と共同開発した『FXベッテルエディション』。同車の初走行の様子が、ネット上で公開されている。

これは6月28日から7月1日まで、英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012」で実現したもの。同フェスティバル名物のヒルクライムに、FXベッテルエディションが参加。ベッテル選手自身がステアリングホイールを握り、全長1.87kmのヒルクライムコースを駆け抜けた。

FXベッテルエディションは、インフィニティの最上級クロスオーバー、『FX』をベースに、セバスチャン・ベッテル選手の意見を取り入れて開発。5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、最大出力がプラス30psの420psを引き出し、0-100km/h加速5.6秒、最高速300km/hの性能を誇る。

価格は12万5000ユーロ(約1250万円)で、200台を限定発売。乾いたエグゾーストノートが印象的な初走行シーンは、動画共有サイト経由で見ることができる。