トヨタ・カローラフィールダー

「用途、走りを重視して1.8&1.5リッターの2つのエンジン設定とした」という『カローラ・フィールダー』。

確かに1.8リッターを走らせると、パワーもトルクも十二分で、加速も相当に力強い。これなら乗車人数、荷物の量にかかわらず爽快な走りが堪能できそうだ。1.5リッターも動力性能は不満は感じない。

セダンの「アクシオ」に対しリヤサスペンションがほんの僅かに引き締まった印象だが、乗り味はアクシオ同様のフラットライド。広い後席(クッションはやや“薄目”)、広いラゲッジスペースも使いやすそう。床板は非常に軽く(なので扱いがラク)非常に硬く高剛性な素材を用いている。

樹脂製バックドアもパスン!と静かにしっかりと閉じる感触でまったく問題なし。このバックドア、アウターパネルはバンパーの樹脂素材より肉厚(2.8mm)、スチールの補強構造なども入れ強度に配慮。内側はインナートリムと一体化した合理的設計で、2.5kgの軽量化を達成している。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト?1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

トヨタ・カローラフィールダー トヨタ・カローラフィールダー トヨタ・カローラフィールダー