フェラーリ・F12ベルリネッタ

5日に発表されたフェラーリの『F12ベルリネッタ』。V12気筒エンジンを搭載する2シーターの後輪駆動のGTである『599』を引き継ぐモデルとして登場した。

新型V12エンジンの最高出力は740ps/8250rpm。599の620psを優に超え、スーパーカー『フェラーリ・エンツォ』の669psをも凌駕する。しかも「F12」よりもわずかに排気量の大きい6.5リットル V12エンジンを搭載する『ランボルギーニ・アヴェンタドール』(700ps)よりもハイパワーだ。

実際のエンジンパフォーマンスに関しては、0-100km/hが3.1秒で599比で0.6秒短縮され、0-200km/hにいたっては2.5秒も早い8.5秒という加速性能を持ち、最高速度は340km/hとこちらも10km/h勝る。ライバルであるランボルギーニ・アヴェンタドールが0-100km/h 2.9秒で有効にトラクションを得られる4WDのメリットが得られた形だ。なお日産『GT-R』は3.0秒でF12を凌ぎ、ポルシェ『911』の「ターボS」は同じく3.3秒、市販車最速と言われる『ブガッティ・ヴェイロン』は2.5秒となっている。

ボディ骨格も見直され、「599」比でマイナス50kgのダイエットに成功。実際に見てもコンパクトでスーパーカーの持つ威圧感にも似た迫力よりも、精悍でスポーティな印象。新設計スペースフレーム・シャシーとボディシェルは、12種類の異なるアルミニウム合金を使用し、新たな組み立て手法と接合技術も導入、軽量化と20%のねじれ剛性向上化を達成しているという。

エアロダイナミクスに関しては、新開発のボンネットから発生させるエアロ・ブリッジにより、ダウンフォースが13%向上し、空気抵抗は3%低減している。ダウンフォースは200kmで123kg、Cd値は0.299となった。ちなみに、日本代表のレクサス『LFA』のCd値はリアウイング格納時で0.31である。

その他装備も最新技術を惜しみなく投入されており、最新のカーボンセラミック・ブレーキ・システム(CCM3)にバージョンアップした磁性流体サスペンション(SCM-E)。電子車両制御システム(E-diff、ESC、F1-Trac、ハイパフォーマンスABS)と死角なしだ。

アンドレア・バッシ氏フェラーリS.p.A プロダクト・マーケティング マネージャー フェラーリ・F12ベルリネッタ フェラーリ・F12ベルリネッタ フェラーリ・F12ベルリネッタ(北京モーターショー12)《撮影 瓜生洋明》