スバル・レガシィ アウトバック 2.5i EyeSight Package《撮影者 太宰吉崇》

不思議なことに『レガシィアウトバック』には水平&直線基調の新しいフロントマスクは違和感がない。

アンダーグリルや、余分な加飾を廃した丸型フォグランプまわりも機能的で潔いデザインに“改良”された。やがて登場する『XV』同様、骨っぽいスタイルは、地を這わすよりハイトを上げSUV仕立てにしたほうが相応しいのかもしれない。

室内は細部の見直しが入ったものの、それ以上に相変わらず広くゆったりした空間に「これぞ万能ファミリーカーの見本!」と思わせられる。とくに後席は足元、頭上、肩口ども余裕しゃくしゃくだ。ツーリングワゴン譲りの使い勝手のいいラゲッジスペースも魅力だろう。動力性能は2リットルターボに較べゆったりとパフォーマンスを発揮する2.5リッターだが、クルマのキャラクターに合っている。

2.5i EyeSight S Packageにはビルシュタイン製ダンパーが標準装着され、大小いかなる入力も冷静に受け止めてくれ、しっかりと安定した乗り味を実現している。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

スバル・レガシィ アウトバック 2.5i EyeSight Package《撮影者 太宰吉崇》 スバル・レガシィ アウトバック 2.5i EyeSight Package《撮影者 太宰吉崇》 スバル・レガシィ アウトバック 2.5i EyeSight Package《撮影者 太宰吉崇》 スバル・レガシィ アウトバック 2.5i EyeSight Package《撮影者 太宰吉崇》 スバル・レガシィ アウトバック 2.5i EyeSight Package《撮影者 太宰吉崇》