VWゴルフ

日本自動車輸入組合がまとめた2012年上半期(1〜6月)の輸入車ブランド別新車販売台数によると、フォルクスワーゲンが前年上半期比20.4%増の2万8897台でトップとなった。

前年上半期トップだった日産は、14.3%減の2万3264台と大きく数字を落とし2位となった。メルセデスベンツやBMWが約3割販売を伸ばすなど主要ブランドは揃って好調。トップ10のうち、日産以外はすべてプラスとなった。

1位:フォルクスワーゲン 2万8897台(20.4%増)
2位:日産 2万3264台(14.3%減)
3位:メルセデスベンツ 1万9669台(29.4%増)
4位:BMW 1万9284台(29.4%増)
5位:アウディ 1万1974台(18.7%増)
6位:トヨタ 8475台(30.9%増)
7位:MINI 8242台(26.1%増)
8位:ボルボ 8242台(33.1%増)
9位:プジョー 3080台(5.0%増)
10位:フィアット 2823台(1.1%増)

タイ生産の日産・マーチ